花の宴 朧月夜の物語

 

桜。
死んでいたものが、うまれる。春。
一斉に咲く花。それは、驚き。
桜をきっかけに生きる物達の緑の世界となる。

花の宴(うたげ)。
内裏の南の御殿は、
よく晴(は)れて、空(そら)のけしき、鳥(とり)の声(こゑ)も、心地(ここち)よげなり
例によって、宮中の貴族達が一堂に集まる。

役人たちが即興の漢詩を吟ずる。おどおどと読む者。慣れて読む者。しみじみと読む年寄。
源氏は春の鴬(うぐいす)が囀(さへづ)るように舞を舞う。
源氏の声は極楽に住むという鳥の「迦陵頻伽(かりょうびんが)」のようだ。
皆が喝采をするが、弘徽殿の女御だけは、それが気に食わないらしい。
やがて、酒の宴となり、皆、上手下手もなく、乱れて舞い、大声で歌を詠む。
夜更けて、花の宴は終わった。

源氏は酔いに任せて、宮中をしのび歩く。藤壺に通じる扉は鍵がかかっている。
嘆きながらさらに歩く。

弘徽殿(こきでん)の細殿の入り口が開いている。
不用心だ。男女の過ちもこんな事から始まるのだろうか。
だが、ちょっと忍び込んでみよう。

静かだ。みな寝静まっている。
耳を澄ます。

すると、遠くで、若々しい、美しい声が歌っている
機嫌よく鼻歌を口ずさむかわいい女の声が近づいてくる。

  「朧月夜(おぼろづきよ)に似(に)るものぞなき」

源氏はこころを動かした。とっさに女の袖をとらえる。
女は恐ろしく「気味が悪い、何者?。ここに人がいるわ!」。
「どうして、疎ましいものではありませんよ。春の夜更けはすばらしい。♪深き夜のあはれを知る。おぼろけならぬ契りとぞ思ふ。ここに来て良かった。」。
その声で女は知る。
迦陵頻伽の声。この人は光源氏。
先ほどの舞と歌とが私を感動させた。
だが、こんなことは困る。・・・だが、冷たい女に見られたくもない。

やがて、  女、朧月夜と 男、源氏は陥るべきところに陥った。
だが、    女には名前を明かせない事情があった。
名前を聞けないまま、夜は明けてしまった。
ここは、弘徽殿のツボネ。源氏を目の仇にしている弘徽殿の女御も戻ってくるだろう。
早く帰らなくては。
あなたの扇とわたしの扇を交換しよう。とっさに源氏はそう言った。
扇だけを持って、源氏は弘徽殿の局を去った。

気持ちのはっきりした、心の明るい女だった。
あの人はいったい誰だったのだろう。
弘徽殿には、六人の娘がいる。
四番目の娘は頭中将の本妻だが、聞いていたような気の強い女ではないので、別の人だ。
五番目の娘かな。
六番目の娘は帝の側室へはいる予定の方だが、もしそうなら可愛そうなことになる。
どうしたら、あの人が誰だったのかわかるのだろう。

源氏は、寂しく、交換した扇を眺めていた。桜色の扇。かすんだ月が水に映る絵柄。
使い慣らしている。その人を感じる。おぼろづきよ。
読んでくれる当てもないまま、扇に歌を書いてみる
「世(よ)に知(し)らぬ 心地(ここち)こそすれ 有明(ありあけ)の
月(つき)のゆくへを 空(そら)にまがへて 」
あなた、あの朧月夜の歌のかわいらしかった、あなた、いま、月の行方はどこに行ってしまったのか。夜が明けてしまった。あなたも見えなくなってしまった。この世から消えてしまったおぼろづきよ。

その頃、朧月夜も源氏のことを思っていた。物思いをしていた。
名前を明かさなかったのは、理由があった。
彼女、朧月夜には、予定の相手がいたのだ。
それは、姉弘徽殿の女御が決めた婚約。そして、   相手は帝。  彼女は弘徽殿の六番目の娘。

あれから、ひと月。弘徽殿で藤の宴(うたげ)が開かれた。源氏も招待されていた。

今日こそは、この間の女を捜し出したい。
源氏は酔ったふりをする。女達のいる御簾の近くに寄ってゆく。
「(酔って)酒を勧められて困っています。この辺に隠れさせてください」と言ってみる。
「こまりますわ。身分の低いかたではございませんでしょうに」と上品な女の声がする。
これは違う人だ。
少し先の方へ進む。たきしめた香の香りがする。
源氏は歌を歌ってみる「扇をとられて、つらい目を見る」
「変わった人ね」と女の声がする。
これも違う人だ。
いったい、朧月夜はどこにいるのだろう。
また先へ進む。ん?嘆く気配がある。
もしや! とっさに和歌を歌う
「梓弓(あづさゆみ) いるさの山(やま)に 惑(まど)ふかな
ほの見(み)し月(つき)の 影(かげ)や見(み)ゆると 」

 

つづき はこちら