家庭教師がお手伝い 目次>札幌の中学受験

札幌で 家庭教師 自己紹介と生徒募集のページ


中学受験の指導経験(家庭教師)

札幌の中学入試(国語・算数ほか)

 公立高校が受験力を持ち、公立中学も評判が悪いとまではいえない札幌では、わざわざ中学受験をして私立中学に子供を入れる選択する親は多くないようだし、「お受験」の雰囲気もない。一部中学は、レベルや伝統のために人気がある。
  札幌の子は小学校の宿題も塾の宿題も少なくのびのび子供らしく過ごしているようで、関西の家庭教師で会ってきたひどい受験疲れの子供たちと比べても、いい環境にいる。こちらでも中学受験塾は三四年からの独自のカリキュラムを全国と同じように組んでいるが、北海道の中学入試が簡単?なため、わざわざ本州に出向いて他流試合に臨む生徒がいたりする。とはいえ、ここ数年、中学受験塾に通う生徒も増えたためだろうか、各校とも難化し「中学受験風」の出題が多くなる傾向が顕著だ。
 さて、おおかた算数もそうだが特に国語の場合、出題のしかたに学校の「思想」(癖)が表れるので、偏差値上の難易よりも、問題との相性に得点が大きく左右される。特定の出題傾向に合わせ対策する事も家庭教師ならできると、宣伝しておこう。なお、イニシャルの子は過去問指導をしたケースだが、普段の学習だけで合格する子の方が多い。

立命館慶祥中(M君・Hy君・Hk君・Rt君・Ry君・Sさん・Rさん・Aさんへ)
 算数 受験独特な解法こそ要らないが思考力・理解力を問われる。問題整理力・数量関係の応用力、図形的ヒラメキのためには日々練習を。後半はやや入り組んだ規則性やグラフ関連。問われ方が見慣れなくてもよく読んで。
 国語 設問の条件があれば出題の意図を考え、尋ねられている通りに。記述は論旨・心情を問うものが多い。条件による要素を考えポイントや要旨をふまえながら書くべきことを慎重に書こう。立命模試の採点は塾相当。要約練習を。

北嶺中(Hk君・Rt君・K君・T君・S君・Y君・Sr君へ対策)
 国語 小林秀雄も出る本文難度は最近易化か。実直に読むと時間が足りない人は解き方に工夫と推理を。記述は理解を問うものが多く、どこを引用するのか、どの程度自分の言葉で書くのか見極める。塾の難しい教材をこなし、知見、関心も広める。
 算数 多く中学受験塾で学んだことのある問題の応用題。手順の複雑なものなど。時々出る空間把握の難問は勘でなく解ける子もいるのだろうか。塾での毎日の学習をしっかり、一度解いたら理屈を納得し応用力に。

札幌光星中 (K君・Ht君へ)
 算数 基礎的文章題中心だが数的処理を要する問題も散見。プレテストは本番よりも塾生向。
 国語 選択肢の練習を。記述は尋ねられていることを明確にし、抜き出して構成。

札幌日大中(T君・Aさんへ)
算数 偏差値60位の難度で(最近易化?)スタンダードな出題は札幌圏では貴重。図形も多く一部難。比などを駆使する高度なのも出るが線分図ですぐわかるのも出る。基礎から難度の高い問題まで塾生には手ごたえ充分だろう。なんでも解けるように。理科も手応えがある。算数同様、比や比例、グラフ等の練習を。 
国語 記述が多い。基礎・応用問題集にある記述問題をこなそう。抜き出してまとめるものもある一方、自分の言葉を使っていちから組み立てる記述もある。書きやすいのから埋めよう。プレテストでは要素と字数があれば得点。字数不足は0点とか

藤女子中 (Tさん、Nさん、Kさん、Mさんへ)
 国語は「探す問題」やキーワード・フレーズ記述が多いですが、要約利用や自分の言葉で書く記述も出ます。
 算数は受験塾よりは易、学校より難。割合、速さ、規則性はよく出ますが、図を描き基本を駆使すれば解ける出題が中心。筋道立てて考える力やひらめき、推理力を見る問題にも特徴があります。パズルで勉強。
理科はつりあい、濃度、実験など基礎的。社会は教科知識に加え教養知識的な関心やイメージを問う問題も。

函館ラ・サール中(H君へ)
 算数 中学受験学習から離れていないが、数的処理の基礎的な考えに立つこと。計算手順の工夫や入り組んだ操作を要求されるものが多いようだ。最終的に単純な過程になる問題もあるが、問題数も多く難関レベル。
  国語は鹿児島ほど難しくはない。(前期)

札幌大谷中(Tさんに)
 共学になり、英数、英数選抜の出題が難しくなった。難しいので合格最低点は低め。 英数選抜。一般的な中学入試問題としては基本的で、むしろ推理、てんびん=消去算、規則性、など、やや直観力と数学的整理力、推理力を重視した出題傾向。パズルや推理が好きだからいいね。一方、国語は、出題が高度になった。小説は本文に頼らず「自分の言葉」で表現する記述説明問題が多いから、気持ちや状況をつかむ練習をつんでおこう。説明文は論の流れをおさえた記述。学校説明会で配布される「入試へのアプローチ」に要約練習がたくさん。 社会は、小学校の教科書にぎりぎり接する出題ではあるが、中学生レベルの学習をしておくのが余裕があるだろう。

開成中(札幌・開成中等教育学校)(Ht君・A君・Kt君へ)
 札幌初の公立中高一貫校。第1回目の試験は拍子抜けだったという声がちらほら。棒グラフ、タイル並べ、基礎論理、条件整理など。面接でも選考があった。

 

<生徒合格校>北海道内 札幌では国語と算数、道外は主に国語

東海大四中
札幌光星中
藤女子中
北嶺中
立命館慶祥中 一般 SP
札幌大谷中 英数選抜
札幌日大中
北海道教育大附属札幌中
ラ・サール中
函館ラ・サール中
浦和明の星
雙葉中
普連土学園中
東洋英和中学部
白百合学園
大阪星光学院中
四天王寺中 標準 英数 英数1
帝塚山学園中 標準 英数
近大附属中
帝塚山泉ヶ丘中
清教学園中 理系
帝塚山学院中
上宮中学校
智弁和歌山中
洛?中
開明中
履正社豊中中
追手門学院中
西大和学園中
東大寺学園中
  ほか

 

<首都圏 東京ほか>

東京都立の中高一貫校 
 小石川中など十校程あり、適性検査の難易も異なる。作文が課せられるのが共通。国語以外でも記述説明が多い。算数は数学的抽象問題は少なめで理社関連での割合や操作能力問題が多い。

ラ・サール中(R君、T君、H君に)
 国語(鹿児島) 記述は五六題。字数制限はあるが、読解を通して解答の骨組みさえ決まればそれをふくらませて記述を組み立てるのは比較的簡単だと思われる。主語述語をきちんと対応させるなど普段から記述の練習を積もう。

洗足学園中(Mさんに)
算数 塾より思考を問われる一行題。後半の方が見慣れているか。抽象的比も多いが整数思考の親切設計
国語 青春モノで読書欲。見本的字数制限記述問題、選択肢の作りに注意。採点基準公表。  

開成中(T君)
  国語 最近は東大風の二行記述中心。平均点がかなり低い年度もあった。

麻布中(R君)
  国語 なんやねん長い小説にどないにでも書けそうな記述と関西にいた頃思ったのは、昔の話。平凡化?して、小説らしい理解や心情を問う記述に。事象を掘り下げ、対人関係を気持ちにし、文脈を外さず全体も忘れず、、

雙葉中(Hさんに) 
 国語 問題文は長くはないが時間が短い(50分に伸びた)。字数制限なしの記述問題が多く、自分で言葉をみつけて、自分の言葉で書くことが要求され、本文中の言葉を使うことが少ない(年度によって少し変わるが)。合格解答を制限時間内で作るには力量と練習がいる。。。。

普連土学園
読書欲がおきる国語長文小説。ハッピーエンド多め?一行記述で基礎力養成。選択肢も適度で時々クイズ。

そのほか国語記述問題
標準的記述字数制限なしの武蔵。要約記述品女。他栄光、渋谷渋谷、駒場東邦、晃華など難関校は大概記述が多い。  

<関西 大阪、奈良の私立中学>

四天王寺中学校(Mさん、Tさん、Yさん、Rさんにとって)
  国語 短い記述で要点をついて言語化する問題で言葉を選ぶ力やヒラメキが問われるのが以前から特徴的。一方、要約記述のような単純な問題も多い。抜出しなどは観点や次元が変わる場合があるのも注意。複数の先生の合作と考えてみよう。年度によって設問の方式、意図や質に波がある。問題の難易・性質を見抜くこと。文脈と筋と段階を追って答えること。少年向論説文の比ゆにも注目。

大阪星光学院中学校(Y君、S君、Ts君、T君に)
 国語 問題文も長くないし、基礎的で面白めかつ内容深めの出題。記述問題で気持ちなどをどれだけつっこんで書けるかで、差がつくだろう。ポイントを押えた短文解答や、小学校の授業でしそうな内容読解や教育的設問?も出題されるから、小学校生活を馬鹿にするなよ。

清風南海中
 国語 設問をよく読むこと。記述は難しい部分の読解を前提に、要約をし自分で言葉を補うなど典型。選択肢も語彙力が必要なものやセンター風の長文のものや対応部分を探すものがある。

西大和学園(T君、R君に)
  国語 物語、論理的文章それぞれ一題程度の記述、本文中の言葉を使って書ける問題と、気持ちなどを自分の言葉で考える問題。これらは記述の典型ともいえるし、出題は素直である。さらに百字程度の記述が出るが、普段から生活体験を通してある程度の表現力や語彙力を養っておく必要がありそうだ。

東大寺学園(T君に)
  ややこしくなく、理系頭の人が得意そうな説明するだけの記述が多い。だから、安心できないぞ7割の得点が必要だ。漢字や語句問題が難しいのも特徴。


以下の中学についてはは引越し前の2004年以前のものです。

帝塚山中学(奈良)英数(Hさん、Yさんにとって)
  「論説文」が大人向けというか高度。文学的文章も深めの読みとりが必要。文章を理解しさえすれば、設問はまじめな基本的良問で、抜き出しなども慎重に選べば解ける。空欄が多く、補充問題などで迷うものもありそうだ。自信を持って解く。日頃から難しめの文章に触れ、いい話を読もう。

清風中学校(S君にとって)
  問題は基礎的。ちょっと変わった文章も出る。自分の言葉で記述する問題はない。抜き出し問題で、ややひねって作ってあるのがあるが、文脈から鍵になる言葉を見つけて読解する基礎的出題。文脈をはずして読んだり、考えすぎたりすると引っかかってしまう選択肢設問がある。

近畿大学附属中学校(Nさん)
  やや長文も出る。基礎的で問題集にでも使えそうな良問がある一方、プレテストなど何となく中学校の校内テストででも出されそうな設問もある。自分の言葉で書かせる問題が多いが、読みとったうえで適切にまとめられればいい。記述でも配点は低い。補充などで理由に迷う問題がある。

関西学院中学(M君)
 二日にわたる試験で一日に一題。どちらが難しいと言うことはなさそう。記述問題が多い。設問の意図をしっかりつかむ必要がある。安定した難しさなので、いつも同じようなところにつまずく生徒に、あと少しあと少しと言いながら指導していた。

開明中学校(S君、T君ほか)
60分で3題と多く、それなりに難しい問題である。この条件に適応できるかどうかが第一の関門になる。問題自体はクセがなく良問。

追手門学院大手前(O君)
 基礎的な記述の多い学校。記述の勉強に使える問題。